水辺のレジャーに必要

多数のタイプがある

海

海やプール、川など、水辺のレジャーに欠かせないのが水着です。
水着と一口にいっても様々なタイプがあり、流行などもあります。
近年は形やデザインが細分化してきているため、非常に様々なタイプが存在します。
大きな違いとして、上下が分かれているかどうかという点があります。
上下が分かれているものをビキニ、上下がつながっているものをワンピースとよびます。
ビキニはお腹が露出しており、全体に露出度が高いため、明るくセクシーな雰囲気があります。
現在の水着では主流といえるでしょう。
ビキニの中にも、オフショルダータイプ、三角ビキニタイプ、バンドゥタイプ、タンキニタイプ、ホルダーネックタイプなど様々なものがあります。
オフショルダータイプは最近流行の形で、肩を出して二の腕あたりを布で覆うデザインのことです。
何通りかの着方ができ、体型カバーと機能性が両立できます。
三角ビキニはいわゆるオーソドックスな水着のことで、胸を三角形に覆うものです。
バンドゥとは、チューブトップともいい、肩紐がないタイプの水着をさします。
近年流行っています。
タンキニは、タンクトップビキニの略で、上がタンクトップのように大きめの布面積があるものです。
下はビキニのようなパンツか、ショートパンツ風のものであることもあります。
体型カバーができるので人気があります。
ホルダーネックタイプとは、肩紐がホルダーネックになっているものです。
背中がセクシーですが、肩紐がちゃんとあるという安心感があります。

体型の変化に合わせて

海

女性は、年齢を重ねるにつれて体型が変化していきます。
特に出産すると、妊娠中のお腹の膨らみによってウエストが、そして授乳によってバストが、それぞれたるみやすくなります。
そのため水着は、年齢や体型に合わせて購入することが肝心とされています。
たとえば出産前で体が引き締まっている女性の場合、セパレートタイプの水着を着用すると、スリムなボディラインを強調できます。
生地が少なめになっていて、お腹や背中の部分が大きく露出しているからです。
逆にたるみが気になるという出産後の女性は、生地の多いワンピースタイプの水着を着用すると、体型を隠すことができます。
水着の中には体型補正ができるものもあり、これを着用すれば、生地がウエストなどを程良く締め付けることから、引き締まって見えるようになります。
またセパレートタイプの水着でも、パレオを巻けばウエストやヒップのたるみを、パッドを入れればバストのたるみを隠すことが可能となります。
これらにより、出産後でもセパレートタイプの水着を着用できるようになるのです。
さらに近年では、上下それぞれの裾がフレアになっている、ひらひらとしたセパレート水着も販売されています。
フレアがお腹や太ももを覆い隠すので、ワンピースタイプの水着でも隠すことが難しいぽっちゃり体型の女性に、注目されています。
このように女性用の水着は、特に気になる部分をおしゃれに隠すことができるようになっているのです。

ファッションの着こなし

海

夏といえは海、プールですね。
泳ぐのであれば水着が必要になってきますが、女性水着のマストアイテムと言えばビキニです。
とは言ってもビキニを着ている人は多いし、同じような感じになるのは嫌だと思う人もいるのではないでしょうか。
でも実はビキニにも種類があります。
そこで今回はおしゃれに水着を着こなすポイントを書いていきたいと思います。
まず、ブラとボトムに分かれたものが定番ビキニですが、トップが三角形のものは三角ビキニと呼ばれます。
後ろがホックタイプのものと紐タイプのものがあるので、元気な感じを出したい場合はホックタイプ、セクシーさを出したい場合は紐タイプと使い分けると良いです。
次に多いのはオフショルビキニです。
オフショルとはオフショルダーの略で、肩に紐がないデザインのものが多いです。
また、二の腕を隠せる着こなしもあるので二の腕のプニプニが気になる時には必須のアイテムでしょう。
ホルターネックというビキニのタイプもあります。
これは首の後ろに紐の結び目がくるタイプの水着です。
このタイプの水着だとフリルが多めのものが多いので、体型が気になる方におすすめのタイプです。
チューブトップタイプのビキニも存在します。
胸がない方は勇気が必要かもしれませんが、逆にフリル多めのものを選べばクールに着こなせるのがポイントです。
近年ではパレオタイプやボトムがパンツタイプのものもあり、Vラインが気になる女性でも気軽に水着を着用することができるようになってきました。
また水着の種類だけでなく、オーバーウェアを着用するのもお洒落ですし、ドレスタイプのものもあるので組み合わせは無限大です。
あえて上下の柄が違うものを着用するのもお洒落です。
好みの水着で夏を満喫しましょう。

泳ぐために最適な素材

ウーマン

水着はポリウレタンやポリエステル、ナイロンといった素材を組み合わせて織りあげてあります。これらは伸縮性や撥水性に優れていて、水着の素材としては最適です。また素材によっては洗濯や取り扱いの方法も違うので、それを考慮した素材で選ぶといいでしょう。

もっと読む

通販する際の注意点

リゾート

水着をインターネット通販で購入するという場合、サイズを間違えないように注意しましょう。特にビキニの場合はジャストサイズか、ワンサイズ下のものを選ぶ事をおすすめします。また、実物とネット上の商品とで色に違いがあるケースもあるため、レビューなども確認する事が大切です。

もっと読む

お気に入りの一着を選ぶ

女性

水着を着て可愛く見せるためには自分の体型に合った水着を選ぶことが大切です。お腹周りが気になる人はタンキニを選ぶなど、スタイルによって似合う水着は異なります。また印象は色合いで変わるため、なりたい自分をイメージして選びましょう。

もっと読む